石川中央ボーイズ

石川中央ボーイズは(公財)日本少年野球連盟に所属する中学硬式野球クラブチームです。

活動報告
7/5 選手権予選が先週終わり、5日は午前中毎年恒例の草むしりをしました。終了後、1年生歓迎会を行いました。例年ですと選手たちの好きな焼肉店で行っていたのですが、コロナウイルス感染症予防のためチームグラウンドにてバーベキューで18名の1年生を歓迎しました。少し遅くのスタートとはなりましたが1年生、頑張れ!

6/28 第51回日本少年野球選手権大会北陸支部予選が行われました。富山ボーイズさんとの一戦。5回コールド11対1で敗れました。コロナウイルス感染拡大で制限された中での練習、そして3年生が少ない中で、選手たちは今出せる力を出し、精一杯戦ったと思います。3年生は公式戦は最後となりましたが、8月にはまだ大会がありチーム活動は残っています。最後の大会に向け頑張って下さい。そして1,2年生は9月には新チームとしての初めての大会が控えています。まだまだ制限のある中での練習とはなりますが、しっかりと力をつけていきたいと思っています。


6/21 加賀ボーイズさんとオープン戦を行いました。選手権北陸支部予選前に貴重な実戦練習となり、1年生同士の試合も行うことができたよいオープン戦となりました。来週28日の選手権大会予選、富山ボーイズさんとの1回戦、チーム一丸となり頑張ります! 朝早くより準備をして頂きました加賀ボーイズの皆さん、北陸支部の審判員の皆様、ありがとうございました。

6/6 晴天の中、白山能美ボーイズさんと練習試合を行いました。本当に久しぶりの試合形式の練習は選手、スタッフともに、思いっきりプレーできる喜びを感じました。コロナウイルス感染症の影響で練習が思うようにできなかったこともあり、次に向けての課題がたくさん見つかりました。今後もコロナウイルス感染症予防を徹底して活動していきます。

5/18 14日の本部通達により、遵守事項をしっかりと守ったうえで活動を再開致しました。
午前の部・午後の部に分かれ、3時間の活動を行いました。まだ、厳しい制限がある中での活動となりましたが、久しぶりのグラウンドでの練習は活気あるものとなりました。スタッフ一同、団員の声が響く久しぶりの光景を見て本当にうれしかったです。徐々に活動できる範囲は広がってくるとは思いますが、今は、今できることをしっかりとやって、今後の活動に備えていきたいと思っております。

5/3 コロナウイルス感染拡大の影響で自粛が続いている中、団員のいないさみしいグラウンドとなっています。
そんな中、父母会の皆さんのご協力のもと石川中央ボーイズのグラウンドに新しいトイレが設置されました。とてもきれいで外観も父母会の皆さんの工夫でとても素敵なトイレとなりました。ご協力いただいた皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
一刻も早くコロナウイルスが終息し通常の活動が出来るよう切に願っております。